リフォーム会社として “非効率” 的な 「施工体制」

「住宅リフォーム」 や 「マンションリフォーム」 には必ず “施工(工事)” が伴います。
リフォームの内容やリフォーム会社ごとに “施工体制(STYLE)” は異なりますが、
一般的には 「分業制」 と 「専属担当制」 に分類することができます。

私たち Refelica では、お客様の “専属担当者” が 「打ち合わせ」 から 「工事期間中」 も 「お引き渡し」 を終えた後も
「ずっとお客様と一緒」 の “体制(STYLE)” をご用意いたしております。

「施工STYLE」 で異なる一般的なリフォームの流れ

豊中市にあるリフォーム会社のRefelicaは専属担当制です。

「分業制」 と 「専属担当制」 のリフォームでの特徴
リフォーム会社からの視点で捉えた 「効率性」
一般的な 「分業制」 の特徴
  • 担当業務に専従させることで、他業務の “知識” や “経験” を積むための 「人材」 育成に要する時間を削減することができます。

リフォーム会社として捉えると、「効率性」 及び 「採算性」 に “優れた” 施工STYLEです。

「専属担当制」 を採用する Refelica の特徴
  • 「専属の担当者」 は全ての業務に対して “責任” を負うため、相応の “知識” と “経験” を備えた 「人財」 としての育成が必要となります。

リフォーム会社として捉えると、「効率性」 及び 「採算性」 に “劣る” 施工STYLEです。

リフォーム会社からの視点で捉えた 「施工力」
一般的な 「分業制」 の特徴
  • 各々が決められた業務に特化することで、複数の物件を同時に施工することが比較的容易となります。

リフォーム会社として捉えると、流れ作業的な施工が可能となりますので 「生産性」 に “優れた” 施工STYLEです。

「専属担当制」 を採用する Refelica の特徴
  • 担当者が 「最初」 から 「最後」 までの監理を行いますので、同時に複数の物件をすることは不向きです。

リフォーム会社として捉えると、一人ひとりに合わせた受注生産となりますので 「生産性」 に “劣る” 施工STYLEです。

営業担当者 と 現場STAFF(職人) の 「意思疎通」
一般的な 「分業制」 の特徴
  • 「営業担当者」 から 「施工STAFF(職人)」 までに多くの職種を介するので、お客様の “想い” が 「施工STAFF(職人)」 に届きにくい傾向にあります。

リフォーム会社として 「生産性」 を優先させる施工STYLEです。

「専属担当制」 を採用する Refelica の特徴
  • お客様の “想い” を直接お伺いした 「専属の担当者」 が、施工時に於いても直接 「施工STAFF(職人)」 と打ち合わせを行いますので “想い” が伝わりやすくなります。

リフォーム会社として、一人のお客様との 「継続性」 を最優先に考えた施工STYLEです。

臨機応変な対応を行うための 「対応力」
一般的な 「分業制」 の特徴
  • 不測の事態が生じた際、 「営業担当者」 と 「施工STFF(職人)」 までに距離があるため対応に時間を要する傾向にあります。
「専属担当制」 を採用する Refelica の特徴
  • 不測の事態が生じた際、 「専属の担当者」 と 「施工STAFF(職人)」 が直接繋がっているため迅速な対応が可能となります。

「分業制」 と 「専属担当制」 の双方にそれぞれの特徴がございます。
“夢をカタチにする” ために想い描かれた理想に、より近い “施工体制(STYLE)” のリフォーム会社をお選びください。

私たち Refelica が 「今」 できること・・・